駒込・巣鴨・田端から通える進学塾プレイス・中学受験・高校受験・個別指導・速読

講師紹介

  • HOME »
  • 講師紹介

一人ひとりにベストな授業を

小森 茂巳

集団授業では成し得ない多様な指導、これが個別指導の大きな意義だと考えます。プレイスでは生徒一人一人の個性を大切にし、全員が楽しくなるような授業を心がけています。
100人の生徒がいれば、100通りの個性があります。
それぞれ苦手な教科も違えば、理解力や習得度も違います。それぞれの目標に向けたカリキュラムで、個性を伸ばしていきます。結果として、一人一人の夢を実現させてゆくことが、プレイスの目的であり役目であると考えています。

努力しないで成績を上げることはできません。プレイスでは必ず自分で解かせ、解けないときにはどこで迷い道に入ったかを確認しヒントを与え、また自分で解かせるのです。迷い道は一人ひとり違います。与えるヒントも1人ひとり違うのです。時間がかかるのです。
【小森茂巳】
(元TAP進学教室・元サピックス専任講師)
80年代2校舎で難関中学・高校受験の驚異的な実績を誇っていたTAP進学教室に入社し、湘南藤沢校小学部・中学部室長を経てサピックス進学教室に移籍。
集団授業の指導をする傍らサピックス個別指導部開校、運営責任者として幅広く受験指導に携わる。TAP進学教室、サピックス進学教室での指導実績は言わずもがな。長年教師をしていると実績より教師の指導が本当に必要な生徒たちを個々に見ていきたい気持ちが強くなり、プレイスの指導方針・理念に共感を得て現在に至っています。塾長の鈴木とはTAP進学教室、サピックス進学教室での友人です。

授業をしていると、子どもたちの成長を間近で感じることができています。子どもたちの解法を見ていると奇抜で画期的な解法を逆に生徒に教えられたり、時には陳解答もあり楽しく授業しています。この年齢になってもいろいろな発見があります。

受験生にとって重要なのは、常に自分の学力を把握し志望校合格レベルを維持できるかが重要です。長年の経験からそれができている生徒はわずかだと感じています。「自分の学力から目を反らし」気がついてみたら志望校変更を余儀無くされる場合がほとんどです。
そこで「目を反らし始めた時期」に思い切って個別指導や少人数制クラス個別授業(3~5人)に切り替えることです。志望校合格に向けての学習のやり直しができます。心を決めたら、あとはプレイスの私たちにお任せください。学習面、精神面を最大限にサポートしていきます。生徒自身に試行錯誤させ非効率な作業もあえてさせることによって効率よく学習することを考えさせています。

「手で読む」技術を身につける

岸 慎一郎

中学入試に長く携わってきた経験から言いますと、「出来る子」の中には、聞いて覚える能力にとても長けた子が多いです。このような子を指導する上で重要なのが「対話」で、相手の話を受け容れることによって、理解力が向上していきます。
ですが、入塾してくる子たちは、このような「出来る子」ばかりではありません。たいていの子にとって、聞くだけで覚えることは不可能で、当然、理解もできません。その理由の一つは、子供の語彙の乏しさにあります。人は、自身が普段から使用している言葉でなければ、それを聞いてもなかなか理解できないものです。
ですから、「大人の言葉」を子供に理解させるためには、まず、そのための準備段階として、使える語彙数を増やす、すなわち、「知識」の習得が必要になってくるのです。この指導においては、手を使わせる訓練がとても効果的で、これが不十分だと、問題の解き方を教わったとしても、それを覚え、理解し、使いこなすなど、とうてい適いません。逆に、手を上手に使用して、「手で読む」技術を身につけたならば、どんな難しい問題にも対応することが可能となります。いずれにせよ、「話す―聞く」、「読む―書く」という勉強の基本を疎かにしてはいけません。
また、なぜその解答になるのか、どうしてこの学習が効果あるのかを理解させることは指導経験が豊富だからできることです。子どもたちには動機付けも必要なことなんです。
【岸 慎一郎】(元優学習会、元エクセル専任教師)
数多くの生徒を教えてきた経験と少人数クラス、個別指導でひとりひとり指導することにおいて個々の能力を最大限に伸ばすことができると自負しております。過去問対策の個別指導では同時に6人まで別々に指導できます。

学力が伸び悩んでいるお子様はぜひご連絡ください。

ほんの少しのきっかけで変わります。

宮木 敬一郎

自分から勉強するために大事なことは、お子様自身に「やる気」や「自信」を付け、勉強に向かう姿勢を変えることです。
そのためには、ほんの少しのキッカケが必要です。そのキッカケを作ってあげることが教師の第一の目標です。日々そのキッカケを研究しています。自分で考えたり、先輩教師に学んだり、先輩教師と話し合い切磋琢磨しています。これがうまくいくと子どもたちはぐんぐん伸びていきます。
小6の夏からでも十分中学受験は間に合います。小4から受験コースで学習を始めても、個々の学習方法が確立していないと、小6になってから伸びないことがあります。
「自分にあったやり方・勉強法」を知ること、これは個別指導だからできることです。1人1人考え方が違うので当然、得意なとこやつまずくとこも違ってくると思います。また、人によっては分からないことも言えないまま、授業が進んでしまうこともあります。
そんなところを授業を通し、こちらから気付けるようコミュニケーションをとっていきます。
勉強は無理矢理やらされていても楽しくない。仕方なくやっている。そんな子たちに解く楽しさを知ってもらい自分から勉強したくなるようなそんな授業を心がけています

私たちはお子様一人ひとりにあった勉強のやり方を必ず見つけ出します。
【宮木 敬一郎】
私立中学受験時、大手進学教室に通塾していましたが、画一的な黒板授業と競争原理を利用した授業に合わず、近くの個人塾に通って中学受験をしました。
そこの塾では「個人のペースで理解して先に進む」方針で解けるようになるまで先に進ませてくれませんでした。他人を気にせず黙々と淡々と過去問を解いた記憶があります。

プレイスでも学力を伸ばすことに競争原理は必要ですが、中学受験時に必要なことは「自分でしっかり理解して先に進むこと」の方針が小学生時代の塾と同じことに共感しこの塾に入社しました。

お気軽にお問い合わせください TEL 03-5940-6030 受付時間 14:00~21:30 [ 日曜・祝日除く ]

PAGETOP
Copyright © プレイス進学教室 All Rights Reserved.