「すべての教科の土台となる絶対的学力(考える力)をじっくり育てていきます。」

考えることをしないで、数字合わせ、パターン学習、詰め込み教育で時間に追われたまま低学年をすごすと、高学年になってから成績に伸び悩む場合があります。またそのような子が多いのが事実です。高学年から成績が伸びずに移籍されて来る子のほとんどが、○○式の大量のパターン学習、暗記、公式によるとき方を練習させられています。そして初めて見る問題は習っていないと言います。
そうならないために年長~小3の時期を大切に過ごしていくことがとても大切です。プレイスでは、その力をつけるために読む・聴く・話す・書く・描く・創造・想像する力を育成するプログラムを用意しています。